大判のB1サイズプリントはポスター印刷専門店へ

わたしたちの社会の中ではB1サイズポスターの印刷物が非常に多く用いられています。その理由は適度な大きさで,迫力のある告知ができるからのようです。確かにB1サイズの大きさ(728×1030mm)は大判印刷の一つの規格として,駅構内の掲示ポスターなどにも用いられておりますので,多くの人に見ていただくにはちょうど良い大きさといえるでしょう。

大判ポスター専門の瞬速プリントでも毎月多くのB1プリントのご依頼をいただいております。当店では多くのお客様のニーズにお応えできるように,安価な普通紙から写真画質で印刷可能な半光沢紙やフォト光沢紙まで,多様な用紙をご用意しております。

また,ポスターという商品の性質上,使用目的や使用期限が決まっている場合も多いので,迅速な商品発送を心がけ,お急ぎの方には翌日発送にも対応しております。イベントや学会発表,町内会,その他の機会で大判印刷にかけられる時間が限られている場合などはぜひご相談ください。

B1サイズの普通紙であれば1,350円より,また最も綺麗に印刷できる半光沢紙・フォト光沢紙でも2,450円よりご提供させていただいております。もちろん,カット代を含んでおります。

B1サイズの大判印刷物は非常に効果的な販促アイテムとなっております。ぜひポスタープリントご依頼の際は瞬速プリントサービスをご利用ください。

【B1サイズ ポスター印刷料金表】【ご注文はこちら       (会員税別価格)
B1サイズの料金表

↓↓【B1サイズのご注文はこちら】↓↓ B1サイズのご注文バナー

B1サイズポスタープリントの需要は年々大きくなってきています。大判ポスターは人に与えるインパクトが強く、B1サイズのものは大きいのでぱっと見て何を訴えたいのか分かりやすく、写真を掲載しても画像が大きいのでとてもきれいに映ります。ポスターはメディアとしてとても優れていて、特に大きいサイズであるB1は需要が大きく、あらゆる場所で掲載されている状況です。2000年代に入って大判プリントサイズが大きいものが流行してきているので、印刷でも大きいサイズのポスターが多く用いられています。

ポスターは不特定多数の人に一瞬で大きな衝撃を伝えられる稀有なメディアで、しかも相手に多くの時間を割くことなくできるとても便利で使い勝手の良いものです。そのために現代社会においても公共の多くの場所に大判が掲示されることが多く、社会で多くの需要な役割を果たしているのです。

その中でもB1サイズの大判印刷は費用面を考えても多くのメリットがあるために、利用者が年々増えて需要が高まってきています。駅などの広い場所にB1サイズの大きいポスターは人の目につきやすく興味をひきつけて立ち止まってしまうので、絶対に大判印刷物の中身に注目するのです。しかも短時間で頭に残りイメージが形成されるので、制作者の意図が汲み取られやすいのです。短時間でその意図がわからせることができるポスターはメディアとしてとても優れており、大きいサイズのものはインパクトの強さから年々多く作られることが多くなり、価格競争も起こって費用も安くなってきています。

大きなサイズは制作・印刷にかかる費用からこれまで作ってこなかった人もこれほどの需要の高さで動くことが多くなってきていて、情報をうまく伝えることのできる大判プリントの良さがここ数年特に期待が大きいです。これから数年も大判のB1サイズの需要は大きくなることは確実に予想され、価格が安くなることでさらに多くの需要がみこまれています。B1サイズポスターの印刷は標準となりつつあるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加