初めてポスターを制作する際に気をつけるべき3つの点

最近ではデザインソフトの普及により、誰でも気軽に簡単にポスターなどの印刷物を作る事ができるようになりました。昔であれば、プロのデザイナーに依頼しなければ作ることができなかったのが、素人でもそれなりの物を作る事ができます。ただし、素人がポスター印刷をする場合、気をつけなければならないことがいくつかあります。

[注意点 1]
一つ目は著作権をしっかりと守るということです。今やインターネット上から様々なイラストや写真を取得することができます。そうしたインターネット上から取ってきたイラストや写真をポスターに使用すれば見栄えの良いものができあがることでしょう。ですが、著作権フリーのものを使用しているのであれば問題ありませんが、そうでないものである場合、著作権違反となります。自分で作ったイラストや写真でないものを使用する場合は、著作権に反しないかまずは確認することに気をつけましょう。

[注意点 2]
二つ目は印刷のルールをしっかりと守るということです。ポスター印刷を行う場合、まず気をつけなければならないのは、色の設定がきちんとCMYKで設定されているかということです。RGBなどを使用している場合、印刷すると色がまったく違うということも発生します。印刷物を作る場合、CMYKで作る事は必須です。

[注意点 3]
三つ目は、きちんとトンボを設定しているかということです。ポスター印刷をする場合、どうしても周りのふちで印刷できない部分が発生してしまいます。その事故を防ぐためにもトンボをつけるようにしましょう。

以上の三つの点は必要最小限として注意すれば、初めてでもポスター制作の失敗は多くの場合避けることができるでしょう。

ポスターはパソコンやプリンターがない時代なら手書き以外はデザイン会社や印刷会社にお願いして作ってもらうというのがパターンでした。今では各家庭や会社でパソコンとプリンターまたグラフィックソフトなども揃っているのでポスターそのもを自分で作って印刷まで出来ていしまいます。
しかし、自分でできる範囲というのも限られています。プリンターで出力できるインクのタイプも限られていますし、出力できる大きさも限られています。そういう意味で現在でもポスターの多くを外注する場合というのも多いのも確かです。
以前のようにデザインから全てを外注に頼むのでしたらそれほど問題ないですが、ある程度自分でパソコンで作ったデータを印刷だけ外注するときは注意が必要です。各印刷会社によって持ち込むデータの使用ソフトや保存形式、三色分解についてなど注意事項があるので、それらに則してデータを保存して渡す必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご注文サイト  

関連記事

ご注文サイト

おすすめ記事

  1. ペーパーレスが会社でも進んでいるところも多いと思いますが、まだまだ仕事でFAXを利用することが多いと…
  2. 今日は多色刷りの印刷方法に関するお話です。印刷における多色刷りには3種類の方法があります。 第…
  3. 普段私たちが目にしているようなポスターの原点は、1840年代のフランスにあると言われています。その頃…
  4. ポスターは情報を伝えるメディアとしてそれぞれの時代を担ってきましたが、現在でも存在感のある媒体として…
  5. ポスター制作について、デザインも含めて業者に依頼する際のポイントをご説明します。 ポスターに含める…

話題をチェック!

  1. 2015/7/21

    電子化が進む中でも印刷された『紙』による情報はなくならない

    電子化が進んだ現代ではインターネットの急速な普及と共に、携帯端末の進歩が進んでいます。当然それに合わ…
  2. 2015/4/18

    ポスター制作には簡潔でインパクトのある文字や文章が必要

    もしもポスターの内容を広く人に伝えようとするならば、ポスターにどんな文章を書くのか?ということがとて…
  3. 2015/7/27

    インターネット広告とポスター広告との共存

    最近は、何でもネットで可能な時代になりました。様々な催し物や行事の告知もインターネットネットを用い、…
  4. 2015/4/16

    ポスターの効果性を上げるには適切なレイアウトが大切

    普段町の中で見かけるポスターは特別な感性に恵まれたプロだけにしか描けないのかというと決してそうではあ…
  5. 2015/8/2

    Illustratorでペンツールを用いたトレースの仕方

    印刷データを作る上で最もよく使われるソフトがIllustratorです。その中でも、Illustra…
 
ページ上部へ戻る