ポスターが大きな力を発揮するには掲示場所の選定が重要

私たちにとってポスターというものはたいへん身近な存在であり、密接に関わっているものであるように思います。街中で掲示板や壁などに貼ってあるポスターに何の気もなしに目を留めてしまうといった経験はしばしばあるのではないでしょうか。

このように普段何気なく見ているポスターは、私たちの意識を向かせる作用を持っているのではないでしょうか。視覚には無数の情報が入ってきますが、ポスターは貼られているその空間を際立たせ、人の目に入ってきやすくする作用があるのではないかと推測されています。色使いやレイアウトなどが非常に目立つものはとりわけその作用が強く、平易な色使いであってもポスターというものに反応してしまう傾向が人間にはあるのではないかと思います。

日常生活において非常に多くの場面でポスターを目にします。イベントや催し物の告知であったり、マナーの啓発などが記されていたりと、多くの用途に用いることができる万能な物でもあるように感じます。多くの情報がポスターに記され至る所に貼り出されているため、それらのポスターを見る度に多岐にわたる情報が飛び込んできます。中には重要な情報が記されている場合もあり、そういった場合は注意を惹き起こさせることができるのではないでしょうか。

ポスターには告知するという役割がある一方で、このように人々の意識を向かせ、情報を汲み取ってもらえれるようにする環境作りという役割も担っているのではないでしょうか。

さて、そのポスターですが、ポスターは見ていてどのような内容を伝えたいのかをすぐに把握できるような物にするべきです。そして、より多くの人が目にするような場所への設置が必要になります。ですから、人通りの少ない場所への設置はできるだけ避けておいたほうが良いでしょう。

逆に、どのような場所が適切かといえば、人がよく集まり、なおかつ長時間過ごしているところです。例えば、病院の待合室は良いです。高齢化が進み、あらゆる疾患をかかえる患者が増加している昨今、どのような病院でも数十分、大きな病院なら数時間もの間、待合室で時間を過ごすことになります。そのような状況であれば、壁に設置されたポスターを目にする機会が増えると考えられます。

また、よく見かける場所といえば、電車やバスの車両内です。特に混みあっている時間帯は、多くの人が自然と車内に貼られているポスターを目にします。駅の構内でも線路近くに大きなポスターを掲げていたり、柱にも貼られていることが多いです。それもまた多くの人が集まり、待ち時間が必要な場所であるからこそ、ポスターの需要が求められるといえるのです。

さらに、大型ショッピングモールの建設が増加しつつあります。このような場所でもまた、家族連れなどの多くの人達が集まるところなので、ポスター設置の需要が高まり、効果的であると考えられます。

子供から大人まで、どの世代でもすぐに内容が理解できるような、簡潔かつ、人目を惹くようなポスター作り、またふさわしい掲示場所の選定が求められています。

ポスターというのは、人に見られてこそ意味があります。では、どうしたらポスターが人に見られるようになるのかというと、それは人が無意識的に目を向けるような場所にポスターを貼ることがとても大事です。
どんなに派手で目立つポスターであったとしても、あまり人目につかないような場所にそのポスターが貼ってあれば、多くの人が目にする可能性はとても低くなります。
しかし、それとは反対に、たとえポスターの内容に興味があまりない人でも、人目につくような場所にポスターを貼っておけば、自然と多くの人がそれを目にする機会は増えます。
その場所とは、たとえば駅構内であったり、信号待ちをしている電柱の部分であったり、多くの人が出入りする商業施設の休憩所だったりなどです。こういった場所は、人々がたくさんいる場所でもあり、なおかつポスターに目を留める状況になりやすい場所でもあります。
ですので、こういったところにポスターを貼ることが、多くの人に見られるポスターとなるのです。

ポスターと言うのは主に商品の宣伝や広く大事な事をお知らせしたい時に使うものです。しかしポスターは貼る場所をしっかり考えないと効果が発揮させれないのです。待ち合わせ場所にポスターが貼ってあると暇つぶしに良く見る事があります。ですから人が多く待ち合わせに使う場所にポスターを貼るのは効果的と言えます。
ポスターと言うのは見てもらってなんぼと言うものですから、多くの人の目に留まらなければいけないのです。なので多くの人に見てもらえるように、ポスターのデザインも考えた方が良いのです。
人気のある人をポスターに起用するのも一つの手です。今を時めく人がポスターに登場すれば、否が応でも目に留まってしまいます。またインパクトのある言葉が書いてある場合も多くの人目を引く事になります。人と言うのは文章が書いてあると読みたくなるものですから、そこにインパクトのある文章が書いてあれば人に強い印象を与える事が出来ます。
ポスターというのは作り方や貼る場所によって効果に違いがありますから、よく考えた方が良いのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご注文サイト  

関連記事

ご注文サイト

おすすめ記事

  1. ポスターを描く場合、簡単な「原則」に忠実に描いていけば誰でもそれなりに格好のよい作品ができあがります…
  2. 普段私たちが目にしているようなポスターの原点は、1840年代のフランスにあると言われています。その頃…
  3. 今、デザインの美術館や博物館に行くと60-70年代のシルクスクリーンのポスターの良い作品を見る事が出…
  4. 現在、PCや携帯電話、スマートフォンの普及により、印刷物の需要は少なくなっています。人気がある、もし…
  5. 昨今、インターネット(IT技術の進歩)による、印刷物の需要の変化が、浮き彫りになってきました。 印…

話題をチェック!

  1. 2015/8/8

    上手に手描きポスターを作るコツとは?

    ポスターを手描きで自分で作る場合に、上手に作るコツってあるのでしょうか。学校の美術の課題でインパクト…
  2. 2015/7/27

    インターネット広告とポスター広告との共存

    最近は、何でもネットで可能な時代になりました。様々な催し物や行事の告知もインターネットネットを用い、…
  3. 2015/7/9

    アイドルポスターの需要は衰えることがない

    ポスターは様々な種類があります。防災のポスター、交通安全のポスター、容疑者捜索のポスター、お店の宣伝…
  4. 2015/7/30

    自宅のプリンターで大きなポスターを分割印刷する方法

    ポスターというのは人々の目に強く印象付けられる有効なツールです。そんなポスターですので、できるだけ多…
  5. 2015/7/1

    ポスター制作に欠かせない上手な余白の用い方

    ポスターを作成する上でポイントとなることの一つに「余白」の利用があります。限られた紙面いっぱいにあれ…
 
ページ上部へ戻る