シルクスクリーンのポスター印刷のメリット

今、デザインの美術館や博物館に行くと60-70年代のシルクスクリーンのポスターの良い作品を見る事が出来ます。色をシンプルに組み合わせていて今でも綺麗に色が見えて、とてもインパクトがあります。

また、アンディー・ウォーホルのアート作品にも使われていて、かなりスタイリッシュです。当時もオフセット印刷はあったのですが色数も制限があったシルクスクリーンの方が強く印象に残っているものが多くていいです。

現在でもポスターをシルクスクリーンで印刷する人やデザイナーもいて、ロットが少なめで少し工夫したいときなどに利用します。サイズも2メートルぐらいまでは印刷することも可能なので、サイズにも自由がききます。

また、印刷の一つ一つに少しずつ違いが出来てしまうので精密なものには向いてないですが、ちょっとした違いを楽しめるアート系のデザイン等に使用されることが多いです。

また、印刷する版ごとに色を印刷していくので、版の特性に合わせたり版を回転させたりする遊びを入れることが出来ます。作りがシンプルなのでいろいろな方法を試せるのがシルクスクリーン印刷のメリットです。

ポスターを印刷する方法ですが、いくつか手段があります。
1つは出力センターにデータを持っていって印刷してもらう方法です。メリットはその場で簡単に打ち合わせが出来る点です。打ち合わせとは、データに不備がないかのチェック、印刷する紙の実物があるので自分の目で確かめて紙の種類を選べます。また、ポスターサイズではありませんが、A4の紙に1度テストプリントしてくれるので出来上がりがある程度確認できて安心です。デメリットは1枚の単価が高いので大量に印刷する場合は向いていません。
そんな時は2つめの方法として、今主流のネットの印刷会社に入稿してポスターを印刷してもらいます。メリットは大量に印刷する場合、1枚の単価が安くなります。又、出力センターに比べれば全体的に印刷料金が安いのが特徴です。デメリットは紙の種類を選ぶのに実物が見れないのである程度知識が必要な事。色校正は基本的にはなく、別途料金が必要なので色味の確認がしづらい事です。なので、仕上がりが心配な場合は不向きでしょう。
そして最後に3つ目の方法として究極なのが大判プロッターを買う事です。A1ポスターを印刷できるプロッターは30万くらいはしますが、長期的に見てこちらの方がコストパフォーマンスがいい場合があるので検討して見ると良いでしょう。その場で確認できるし、すぐポスターが印刷できるので場合によっては便利かも知れません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご注文サイト  

関連記事

ご注文サイト

おすすめ記事

  1. 朝日新聞主催の広告賞『2012年度第61回朝日広告賞』の受賞作品が発表されました。 これは、新…
  2. ポスターの目的は、CDの初回限定盤につけたりして販促に使ったり、または飾る事を目的にしたポスターもあ…
  3. みなさんはポスターを掲載することの目的についてどのようなイメージを持っていますか? 「企業や商…
  4. 普段私たちが目にしているようなポスターの原点は、1840年代のフランスにあると言われています。その頃…
  5. 数枚の写真を印刷するために補正するのはそんなに負担にはなりませんが、100枚ほどの、大量の写真を1枚…

話題をチェック!

  1. 2014/12/12

    Illustratorでポスター印刷を外注する場合の注意点

    みなさんはポスターを製作しようとする場合,どのようなソフトを使いますか?初めての方であれば最も馴染み…
  2. 2015/7/9

    アイドルポスターの需要は衰えることがない

    ポスターは様々な種類があります。防災のポスター、交通安全のポスター、容疑者捜索のポスター、お店の宣伝…
  3. 2015/7/11

    レンチキュラー印刷によるアートの発展

    残念ながら印刷業界全般は、最近、元気がありません。その原因は幾つか考えられますが、やはり最大のものは…
  4. 2015/6/21

    虫眼鏡で見てみよう-コロタイプ印刷の美しい仕上がり

    現在、雑誌やパンフレット、チラシなどのカラー印刷では、多くの場合「オフセット印刷」が使われています。…
  5. 2015/4/16

    ポスターの効果性を上げるには適切なレイアウトが大切

    普段町の中で見かけるポスターは特別な感性に恵まれたプロだけにしか描けないのかというと決してそうではあ…
 
ページ上部へ戻る