大小の対比によるポスター作成の技法

ポスターを描く場合、いくつかの「約束事」があります。その一つに「大小の対比」というのがあります。これを利用するといくつかの効果を得ることができるのです。

例えば、1枚の紙面に何枚かの写真を載せるとしましょう。その際、全ての写真を同じ大きさで並べるのと、1つだけ大きく載せ、ほかの写真は均等に小さく並べるとします。前者は整然と落ち着いた印象を受けますが、その一方で単調な感じもします。それに対して後者の方は、見ている側にメリハリを与え、引き締まった画面になります。

このように大小の対比関係を上手に使うと効果的な場合があります。例えば、バラとかすみ草の花束をイメージして下さい。小さなかすみ草は、大きなバラを引き立たせる上で非常に大きな役割を果たしています。

このように、大きな文字や図版は人の目を捉えるインパクトを与え、小さな文字・図版は、主役引き立たせ、引き締める役割があります。つまりどちらが欠けても効果はなくなるのです。

もう一つ、大小比較による効果としては、立体的な奥行き感を表現できるという点です。大きく配置したモノは手前に見え、小さく配置したモノは後ろの方に見えるような効果はこうした技法によるのです。

さて、こうした技法はそれ単独でもそれなりの効果をもたらしますが、それ以外の様々な技法と組み合わせることで相乗効果を生み、よりすばらしい作品(ポスター)を描くことができるということも念頭に置いていただきたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご注文サイト  

関連記事

ご注文サイト

おすすめ記事

  1. ポスターは情報を伝えるメディアとしてそれぞれの時代を担ってきましたが、現在でも存在感のある媒体として…
  2. ペーパーレスが会社でも進んでいるところも多いと思いますが、まだまだ仕事でFAXを利用することが多いと…
  3. ネット広告から見たポスターの効果性 今ではインターネットなどが普及したので、インターネット上で情報…
  4. 社内印刷の現状についてご紹介させて頂きます。 社内印刷は印刷という名前を付けていますが、実態は…
  5. 今は何でもすぐに調べられる時代です。パソコンだけでなく、常に持ち歩くスマートフォンからでも容易にイン…

話題をチェック!

  1. 2015/5/30

    情報収集方法が多くある中でポスターが存在し続ける理由

    近年になってこれだけたくさんの情報収集媒体があるにもかかわらず、なぜポスターという物はなくならないの…
  2. 2015/3/18

    PDFによるデータ入稿の有用性と注意点

    一昔前の印刷現場ではドキュメントを作成したアプリケーションデータそのものを印刷現場でプリントする形が…
  3. 2015/7/11

    レンチキュラー印刷によるアートの発展

    残念ながら印刷業界全般は、最近、元気がありません。その原因は幾つか考えられますが、やはり最大のものは…
  4. 2015/6/24

    ポスターに写真を配置する場合の注意点

    ポスターを作成する場合、写真を載せたいと思うことはきっと多いでしょう。写真は非常にリアルで見る側にそ…
  5. 2015/7/6

    ポスター作成において意外な効果を生むトリミングの技法

    ポスターを作成する際、何かの写真をドーンと載せたい場合があります。その際、オリジナルの写真を好みの大…
 
ページ上部へ戻る