現在でもポスターこそが一番の情報伝達手段として効果的

ポスターをはじめ、現在では紙ベースの情報の必要性が疑問視されています。

これだけ多くの家庭にパソコンが普及し、誰もがいつでも自分に必要な情報を好きなだけ手に入れることができる世の中です。また、Wifi網の拡大もあって、パソコンの利用も場所に縛られることがなくなりました。そしてスマートフォンの普及により、この状況は輪をかけたように進んでいると言えます。

情報を得る側の状況ががそのように変化すると同時に、当然ながら情報を発信する側の状況も変化しています。ホームページを使うことにより、世界中の不特定多数のパソコンユーザーに対して情報を発信することが可能ですし、メールの送信により特定の人間のみに情報を発信することも可能です。このように現在は、情報を得る側も情報を送る側も、本当に便利な時代になっていると言えるのです。

では、やはり、ポスターによる紙ベースでの情報発信はもう必要ないのかと言うと、そうではありません。

例えば、市の運営は市役所が管轄しておりますが、市役所では街中の広報板を利用して、そこにポスターを貼ることにより情報を発信しています。もちろん、対象がパソコンに堪能な方ばかりであれば、こういったものも必要ないでしょう。

しかし、情報弱者と言われるような、高齢者、障害者、児童などに対しては、やはりパソコンによる情報伝達ではなく、こういったポスター等による伝達が欠かせません。

そのような意味で、ポスターこそが一番確実で心に訴える情報伝達手段であるとみなされているのです。

インターネットを制する者は、今の世の中では勝者と呼ばれることが多くなってきました。この画期的なシステムを活用せず、勝ち抜ける道はないのかもしれません。
時代背景や文化、言語の異なる国との間でも、このインターネットを通して交流できる素晴らしさは、これまでにない人と人とを繋ぐツールになっています。
パソコン機能は今や携帯電話やスマホにも搭載されており、いつ、どこからも可能な連絡手段になりました。このインターネットを利用し、たくさんの情報を得たり、友人を得ることもできます。
しかしながら、このインターネットに無縁の人たちもいます。あえて、インターネット環境に触れない人たちもいれば、その存在の使い道がわからない、始めてみたいけど面倒だ、億劫だという人たちもいるでしょう。
こういった人たちの連絡手段は限られたものになってきます。これまで普及しているテレビやラジオ、電話などといったものが、おおかた生活の基盤となってくるのは想像がつきます。
インターネットからの情報が豊富で、かつ、どの情報が正確なのか判断がつきにくいというのも、一理あります。
このような人たちに効果的な情報の伝え方として、ポスターが挙げられます。ポスターというと、古臭い、紙の無駄遣いだと思う方もみえるかと思いますが、必ずしもそうとは限りません。混乱した情報を苦手とするタイプに人たちは、ポスターの方がよっぽど信頼できる情報だと感じることでしょう。

何かを伝える場合に必要なものとしてポスターがあります。ポスターは多くのことを簡単に伝えることができる情報伝達方法になっています。昔も今も、こういったポスターによる情報伝達は行なわれています。ポスターは見ている人は見ているものになっているので、今でもしかっかりと使われているのです。
ポスターは費用などさほどかからないですし、多くの人に見てもらいやすい特徴などもあります。いろいろなところへ掲示することができますし、取り外しが簡単にできます。利用する方としても使い勝手が良いので、使われることが多いのです。
見る方としても気軽に見ることができます。街中でポスターがあった場合に、気軽に立ち止まることでポスターの内容を見ることができます。ポスターではどういった内容であっても載せやすいという特徴もあるので、多くの業者などが利用している情報提供の方法になっています。
こういった方法は今後も続けられていくはずです。

ポスターの特徴としては、情報提供がしやすいということがあります。他の情報提供方法に比べて、作りやすいという特徴もありますし、低価格で作成が可能になります。こういった特性から使っている会社は多いはずです。社内での掲示にもポスターは使われており、会社内の統制などでも使用します。
また、こういったポスターは社内だけではなく、公共機関でも使用されています。多くの人に見てもらうにはこういったポスターなどを積極的に利用するのが望ましいのです。作る方も気軽に作れますし、見る方も気軽に見ることができます。
ポスターの特性上、意識していない場合にも知らず知らずの間に記憶に残っている場合もあります。街中に貼り出す場合は、より人通りの多いところへ貼り出すことで、毎日通る人であればより目につきやすいですし、あまり通らない人でもポスターのデザインを工夫することで印象に残りやすいようにすることも可能です。
このようにポスターはさまざまな状況に対応することができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご注文サイト  

関連記事

ご注文サイト

おすすめ記事

  1. 今、デザインの美術館や博物館に行くと60-70年代のシルクスクリーンのポスターの良い作品を見る事が出…
  2. 「ポスター」と一言でいっても、たった一枚の紙で歩いている人に色々なことを知らせようとしているのですか…
  3. 印刷物は減少傾向にあると言われています。今、新聞を読む若者はほとんどいません。電車の中でスマホで漫画…
  4. 昨今、インターネット(IT技術の進歩)による、印刷物の需要の変化が、浮き彫りになってきました。 印…
  5. 通常は1枚のポスターで表現するものは1つであることが望ましいといえます。なぜなら、複数のものを表示す…

話題をチェック!

  1. 2015/7/18

    Excelのデータベース・CSV機能に関する注意点

    印刷用のデータ作成として、Microsoft Excel というアプリケーションソフトを使う方も多い…
  2. 2015/7/1

    ポスター制作に欠かせない上手な余白の用い方

    ポスターを作成する上でポイントとなることの一つに「余白」の利用があります。限られた紙面いっぱいにあれ…
  3. 2015/1/28

    WordやPowerPointなどのOfficeデータからポスター印刷データへの変換は無料です

    ポスターを制作する際にどんなソフトを用いますか?デザイン関係の仕事をしている方はIllustrato…
  4. 2015/1/31

    ポスターが大きな力を発揮するには掲示場所の選定が重要

    私たちにとってポスターというものはたいへん身近な存在であり、密接に関わっているものであるように思いま…
  5. 2014/12/30

    ポスターの作り方はその目的や使用方法によって異なるもの

    ポスターには印象に残るフレーズやイラストが必要 同じ広告ポスターであっても店内や電車の中吊りなどに…
 
ページ上部へ戻る