ポスター印刷の注文では頑丈な紙管で発送してもらう必要があります

今回はポスター印刷の商品をどのような梱包で扱うかというお話です。

これから年末に向けて様々なイベントが各地で開催されてゆきます。そうしたイベントの告知にはインターネットやメールが用いられることも多いですが,やはり魅力的なポスターを作成して駅やその他の場所に掲示し,多くの方に知っていただく必要があります。

そのポスターがA3サイズまでであれば大きい家庭用プリンターで,あるいはコンビニで印刷することもできますが,A3以上の大きさのポスターとなるとやはり専門業者に印刷をお願いすることになります。

都会に住んでいれば街中にその種の印刷業者があり,持込で印刷してもらうこともできるかもしれませんが,地方などでは,あるいは時間的な余裕がない場合は持込でというわけにはいきません。

しかし,最近はネットの時代ですので,ポスターの印刷もネットで注文することができます。やり方も非常に簡単で,希望のサイズ・用紙種類の商品を買い物かごに入れて注文し,その後にデータを送るだけです。

ただ,こうしたネットでのポスター印刷の場合に気をつけなくてはいけないのは,商品の梱包方法です。せっかくきれいに印刷してもらった商品でも,届いてみたら箱がつぶれていた,などということはよくあることです。特に,ダンボールを用いて発送する業者の場合は注意する必要があります。

瞬速プリントサービスでは,ご注文いただいた大切なポスターをきれいな状態で確実にお客様にお届けするために,商品の梱包方法にも気を配っております。当社で用いているのはポスター用の紙管(丸筒)ですが,厚さ3mmもあるしっかりしたものです。紙管の製造業者に特別注文して作ってもらっているものです。

紙管の中には厚さ1mmのものも売っておりますが,非常に弱く,配送の際につぶれてしまうことも多くあるようです。しかし,3mmの紙管は手で折ろうと思っても折れないほど丈夫です。

しかも,こうした紙管であれば,商品のお届け後の持ち運びも非常に便利で,別途ポスター用の筒等を購入する必要がありません。商品のお受取後,そのままその紙管を用いていただくことができます。

さらに当社では,通常は直径5.1cmの紙管を用いておりますが,オプションで直径7.6cmの太い紙管で発送することも可能です。こちらの紙管も厚みは3mmありますので,同様に非常に丈夫です。こちらの紙管で発送しますと,商品お受取後のポスターの伸ばしが非常に楽で,すぐにポスターを掲示していただくことが可能です。

このように,ネットでのポスター印刷業者を探す場合は,どのような梱包で商品が発送されるかにもご注意いただくようお勧めいたします。

【B3サイズ】【マット合成紙】
【B3サイズ】【フォト光沢紙】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご注文サイト  

関連記事

ご注文サイト

おすすめ記事

  1. パソコンが普及したことにより、会社で使用していた、従来は印刷屋さんにお願いしていた各種の帳票用紙が消…
  2. 昨今、インターネット(IT技術の進歩)による、印刷物の需要の変化が、浮き彫りになってきました。 印…
  3. 社内印刷の現状についてご紹介させて頂きます。 社内印刷は印刷という名前を付けていますが、実態は…
  4. ペーパーレスが会社でも進んでいるところも多いと思いますが、まだまだ仕事でFAXを利用することが多いと…
  5. Illustratorの機能にアピランスというものがあります。主に線や影をつけた時に使われる機能で、…

話題をチェック!

  1. 2015/7/9

    アイドルポスターの需要は衰えることがない

    ポスターは様々な種類があります。防災のポスター、交通安全のポスター、容疑者捜索のポスター、お店の宣伝…
  2. 2015/8/2

    Illustratorでペンツールを用いたトレースの仕方

    印刷データを作る上で最もよく使われるソフトがIllustratorです。その中でも、Illustra…
  3. 2014/12/12

    Illustratorでポスター印刷を外注する場合の注意点

    みなさんはポスターを製作しようとする場合,どのようなソフトを使いますか?初めての方であれば最も馴染み…
  4. 2015/3/30

    ポスターを長期保存する方法

    趣味で集めた大切なポスターを数十年単位でキレイに保管したい・・そんな時はどのようにしたら良いのでしょ…
  5. 2015/4/18

    ポスター制作には簡潔でインパクトのある文字や文章が必要

    もしもポスターの内容を広く人に伝えようとするならば、ポスターにどんな文章を書くのか?ということがとて…
ページ上部へ戻る