集客を目的としてポスター掲載するための効果的な方法

みなさんはポスターを掲載することの目的についてどのようなイメージを持っていますか?

「企業や商品の宣伝効果」、「いじめ、迷惑行為の防止の訴え」、または「アーティストなどのポスターをインテリアとして部屋に飾る」など人それぞれだと思いますが、ポスターの根本的な目的といえば「何かを伝える」,つまり集客ということだと思います。その「何かを伝える」ためのポスターですが、一つまた違った活用の方法があるのではないでしょうか?

最近ニュースで話題になった新宿駅に貼り出された嵐のポスター騒動を例に挙げてみましょう。この嵐のポスターは嵐の新番組「あたらしあらし」の宣伝として放送の6日前からカウントダウンとして、毎日日替わりで違ったデザインになっていくというもの。このポスターに嵐の熱狂的なファンが新宿駅に殺到し、一時は警察沙汰にまでなるある種の社会的現象を生み出しました。

もともとこのポスターが貼り出された目的としては「番組の宣伝として」です。しかし、本来の目的とは別にポスター自体を目当てに来るファンが大勢集まりました。

この現象を別のことに利用はできないでしょうか?ポスターを貼ることにより人が集まる,つまり集客するというこの構図ができれば、「何かを伝える」ためにポスターを貼るのではなく「人を集める」ためにポスターを貼るということが可能になるということです。

例えば店舗の周辺にこのような話題になるポスターが掲載されれば、それなりの集客効果が期待できますし、売り上げの向上にもつながってくると思います。ポスターの本来持つ役割を成さないことを逆手にとって有効に活用できるのです。

集客に頭を悩ませている経営者の方々は、こういった手法も取り入れてポスターを掲載してみると面白いのではないでしょうか。

そもそもポスターの主な目的は広告や宣伝です。
広告や宣伝は多くの場所に掲示され、人々の目に止まり、さらには何回も目にすることで効果が高まると考えられます。そのため、ポスターはほとんどの場合において大量に作成される必要があります。
昔はそのようなポスターも手書きだったのかもしれません。しかし、現代のポスターは印刷によって大量に作成されています。官公庁による啓蒙ポスター、商品やサービスをアピールするためのポスター、催しの案内のポスター。このようにポスターの需要は大変多く、つまりポスター印刷の需要も同じく多いのです。
また、これらとは全く別の需要として自分で楽しむためのポスターもあります。アイドルや美しい景色のポスターはやはり美しく仕上がっていることが非常に重要で、これはポスター印刷ならではのものではないでしょうか。
このようにポスターは多くの目的で作成され、需要があり、そのためにはポスター印刷という技術が必要なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご注文サイト  

関連記事

ご注文サイト

おすすめ記事

  1. 駅や町中、化粧品コーナーなどに貼られている化粧品メーカーのポスターは女性にとってとても魅力的で、つい…
  2. 役所や警察署や消防署などは事故や火事や災害や犯罪などの予防・避難・注意喚起を行う際にポスターを使うこ…
  3. 様々なニーズに対応するポスター印刷 ポスター印刷の業務を請け負っている複数の業者では、様々なタイプ…
  4. 印刷用紙の種類について調べてみると、その多さに驚きます。用紙の種類をいくつか挙げてみたいと思います。…
  5. 印刷物は減少傾向にあると言われています。今、新聞を読む若者はほとんどいません。電車の中でスマホで漫画…

話題をチェック!

  1. 2015/3/18

    PDFによるデータ入稿の有用性と注意点

    一昔前の印刷現場ではドキュメントを作成したアプリケーションデータそのものを印刷現場でプリントする形が…
  2. 2015/8/2

    Illustratorでペンツールを用いたトレースの仕方

    印刷データを作る上で最もよく使われるソフトがIllustratorです。その中でも、Illustra…
  3. 2015/4/5

    新たなサービスの提供が求められる印刷業界

    よく、印刷業はもうだめだ。インターネットや、電子出版が進み紙媒体が廃れると言われています。本当にそう…
  4. 2014/12/23

    ポスターを制作し始める前に必ず確認すべき点とは?

    今日はポスターを制作するに当たって、事前に必ず確認した上で制作すべき非常に大切な点について書きたいと…
  5. 2015/6/28

    文字のジャンプ率を考えて内容に合ったポスターを制作する

    ポスターの文字には様々な役割がありますが、文字の扱い方一つでポスターの印象は大きく変わってきます。「…
 
ページ上部へ戻る