ポスターの役割を理解し,魅力的なポスターを制作する

ポスターの役割とは何でしょうか?それは,不特定多数の人に何らかの情報を伝えることにあります。ポスターを通して効果的に情報を伝えるためには,分かりやすいキャッチコピー,ぱっと目に入る魅力的なイラストや写真,そしてそれらを引き立たせるためのデザインの工夫が必要です。

ポスターの役割は多くの人に情報を知らせることですので,分かりやすいメッセージを載せることが必要ですが,単に分かりやすいだけでは十分ではありません。単調な色合いや面白みがないレイアウトでは見る人の記憶に残らず,ポスターとしての効果が半減してしまいます。そのためには,見る人に興味を抱かせるための工夫が必要となります。

とはいっても,工夫ばかりにとらわれてメッセージが伝わらないポスターになってもいけません。最初に取り上げた,キャッチコピー,イラストや写真,デザインのバランスを考慮して,多くの人の目に留まるポスターを制作する必要があるのです。

● 具体的なポスター制作の流れ

テーマを決める ⇒ キャッチコピーを考える ⇒ 題材やテーマを決める ⇒ レイアウトを決める ⇒ 画材や道具の準備 ⇒ イラストの下描き ⇒ 文字のデザイン ⇒ イラストの色塗り ⇒ 文字の色塗り ⇒ 完成

ポスターというと今も昔も色々なところで見かけます。あまりにも自然に溶け込んでいる感じがするので、改めてポスターについて日常で議論することはありませんが、歩いていると必ず目に入ってくるのもポスターです。
このようにポスターは、違和感などはないものの必ず歩いている人々の目に飛び込んできて、そして印象として脳に残るという役目を果たしています。特に、何度も何度も繰り返し見ることにより、より脳に記憶として残りやすくなります。
ポスターの役割としては、このように繰り返し人の視覚に訴えて脳に記憶として残すということが主となります。記憶に残るとどうなるのかといいますと、実際に売り場などでその商品を手にした時、あるいは見た時に「親近感」となって脳が感知し、その商品を肯定しやすくなるのです。
もし、逆に全く知らない商品を見たとしても、殆どの方は親近感など持たないと思いますし、その商品に対して肯定もしないと思われます。なので、そのような場合には知らず知らずのうちにその商品を遠ざけてしまっているのです。
それに対し、ポスターで何度も見ている商品に関しては、その商品を「自分はこの商品を知っている」という風に肯定しますので、親近感を感じ購入に繋がっていくのです。
このように必ずしもイコールではありませんが、ポスターの効果として何度も目にするということから、そのポスターに載っているものに対して親近感や肯定という感情が生れ、それにより注目度が高まったり、購買欲を高めたりすることが出来るのです。それこそ、ポスターの重要な役割なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご注文サイト  

関連記事

ご注文サイト

おすすめ記事

  1. ポスターを描く場合、簡単な「原則」に忠実に描いていけば誰でもそれなりに格好のよい作品ができあがります…
  2. Illustratorの機能にアピランスというものがあります。主に線や影をつけた時に使われる機能で、…
  3. インターネットの発達などにより、最近は商品のPRもポスターだけにたよる時代ではなくなってきました。し…
  4. インターネットが氾濫した昨今では、知りたい情報は能動的に取ることができます。それとともに、受動的に情…
  5. 今日はポスターなどの製作において重要なデザイン・用紙・印刷方法について考えてみます。それぞれ決定する…

話題をチェック!

  1. 2015/7/21

    電子化が進む中でも印刷された『紙』による情報はなくならない

    電子化が進んだ現代ではインターネットの急速な普及と共に、携帯端末の進歩が進んでいます。当然それに合わ…
  2. 2015/6/22

    印刷会社の利用は企業から個人に移行しつつある

    印刷会社の「お客様」といえば、一般企業や店舗を思い浮かべるのではないでしょうか。印刷会社が作っている…
  3. 2015/7/2

    印刷物作成に便利なWordを使用した表の作成方法

    Microsoft Wordを使用して表を作成する方法について簡単にご紹介します。 Wordを使用…
  4. 2015/7/30

    自宅のプリンターで大きなポスターを分割印刷する方法

    ポスターというのは人々の目に強く印象付けられる有効なツールです。そんなポスターですので、できるだけ多…
  5. 2015/6/21

    虫眼鏡で見てみよう-コロタイプ印刷の美しい仕上がり

    現在、雑誌やパンフレット、チラシなどのカラー印刷では、多くの場合「オフセット印刷」が使われています。…
ページ上部へ戻る