ポスターの用紙サイズーA判,B判の規格について

用紙のサイズとして最も多く使われるのがA4サイズ(210×297mm)ではないでしょうか?みなさんも文書のコピーや印刷で日々お世話になっている用紙サイズかと思います。その他にも,B5サイズ(182×257mm)やB4サイズを(257×364mm)用いられることもあるでしょう。

一方,ポスターのサイズとなると,最も小さくてもA3サイズ(297×420mm),最大規格としてはB0サイズ(1030×1456mm)というものもあります。

では,みなさんはそれらのサイズがどのように定められているかご存知でしょうか?まず,サイズの頭に付いている「A」や「B」とは何でしょうか?実は「A」が付くサイズはドイツの物理学者オズワルドが提案して定められた世界共通の規格であり,「B」が付くサイズは日本特有の規格となっています。

A判規格のサイズはA0(841×1189mm)を基準としていますが,A0サイズの面積が1平方メートルとなるように定められているのです。そのA0サイズを半分にしたサイズがA1サイズ,そのまた半分がA2サイズ,などとなるようになっています。

一方,B判規格のサイズはB0(1030×1456mm)を基準としていますが,B0サイズの面積が1.5平方メートルとなるように定められています。そのB0サイズを半分にしたサイズがB1サイズ,そのまた半分がB2サイズ,などとなるわけです。

ポスターを制作するにはほとんどの場合,まずサイズを定めてカンバスを作り,そこにデザインしていくことになりますが,時には原寸サイズで作成できない場合もあります。例えば,パソコンの性能の関係で大きなサイズが作れない時などはその半分のサイズ,あるいはさらに小さいサイズで作成し,ポスターの印刷会社で希望のサイズに拡大印刷してもらうことが可能です。※印刷会社によっては,原寸サイズのデータのみの対応で,拡大印刷をしてくれないところもあります。

ちなみに,どのサイズに関しても短辺と長辺の長さの比は「1:√2」となっています。A判,B判両規格において,各サイズの短辺と長辺の長さの比がすべて「1:√2」となっていることを考えると,例えばA2サイズからB1サイズへ拡大してもひずみなどは生じないことが分かると思います。

以上のようなことを理解しながら各ポスターサイズのデータを作成したり,印刷会社に依頼すると,安心できるのではないでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご注文サイト  

関連記事

ご注文サイト

おすすめ記事

  1. ポスターの目的は、CDの初回限定盤につけたりして販促に使ったり、または飾る事を目的にしたポスターもあ…
  2. 普段私たちが目にしているようなポスターの原点は、1840年代のフランスにあると言われています。その頃…
  3. ポスターを初めて作ろうとする場合、その費用はどれくらいかかるのか、不安に感じられるかもしれません。今…
  4. Illustratorの機能にアピランスというものがあります。主に線や影をつけた時に使われる機能で、…
  5. 今日は多色刷りの印刷方法に関するお話です。印刷における多色刷りには3種類の方法があります。 第…

話題をチェック!

  1. 2014/12/30

    ポスターの作り方はその目的や使用方法によって異なるもの

    ポスターには印象に残るフレーズやイラストが必要 同じ広告ポスターであっても店内や電車の中吊りなどに…
  2. 2015/7/21

    電子化が進む中でも印刷された『紙』による情報はなくならない

    電子化が進んだ現代ではインターネットの急速な普及と共に、携帯端末の進歩が進んでいます。当然それに合わ…
  3. 2015/7/6

    ポスター作成において意外な効果を生むトリミングの技法

    ポスターを作成する際、何かの写真をドーンと載せたい場合があります。その際、オリジナルの写真を好みの大…
  4. 2015/1/28

    WordやPowerPointなどのOfficeデータからポスター印刷データへの変換は無料です

    ポスターを制作する際にどんなソフトを用いますか?デザイン関係の仕事をしている方はIllustrato…
  5. 2015/8/2

    Illustratorでペンツールを用いたトレースの仕方

    印刷データを作る上で最もよく使われるソフトがIllustratorです。その中でも、Illustra…
ページ上部へ戻る