ポスターの用紙サイズーA判,B判の規格について

用紙のサイズとして最も多く使われるのがA4サイズ(210×297mm)ではないでしょうか?みなさんも文書のコピーや印刷で日々お世話になっている用紙サイズかと思います。その他にも,B5サイズ(182×257mm)やB4サイズを(257×364mm)用いられることもあるでしょう。

一方,ポスターのサイズとなると,最も小さくてもA3サイズ(297×420mm),最大規格としてはB0サイズ(1030×1456mm)というものもあります。

では,みなさんはそれらのサイズがどのように定められているかご存知でしょうか?まず,サイズの頭に付いている「A」や「B」とは何でしょうか?実は「A」が付くサイズはドイツの物理学者オズワルドが提案して定められた世界共通の規格であり,「B」が付くサイズは日本特有の規格となっています。

A判規格のサイズはA0(841×1189mm)を基準としていますが,A0サイズの面積が1平方メートルとなるように定められているのです。そのA0サイズを半分にしたサイズがA1サイズ,そのまた半分がA2サイズ,などとなるようになっています。

一方,B判規格のサイズはB0(1030×1456mm)を基準としていますが,B0サイズの面積が1.5平方メートルとなるように定められています。そのB0サイズを半分にしたサイズがB1サイズ,そのまた半分がB2サイズ,などとなるわけです。

ポスターを制作するにはほとんどの場合,まずサイズを定めてカンバスを作り,そこにデザインしていくことになりますが,時には原寸サイズで作成できない場合もあります。例えば,パソコンの性能の関係で大きなサイズが作れない時などはその半分のサイズ,あるいはさらに小さいサイズで作成し,ポスターの印刷会社で希望のサイズに拡大印刷してもらうことが可能です。※印刷会社によっては,原寸サイズのデータのみの対応で,拡大印刷をしてくれないところもあります。

ちなみに,どのサイズに関しても短辺と長辺の長さの比は「1:√2」となっています。A判,B判両規格において,各サイズの短辺と長辺の長さの比がすべて「1:√2」となっていることを考えると,例えばA2サイズからB1サイズへ拡大してもひずみなどは生じないことが分かると思います。

以上のようなことを理解しながら各ポスターサイズのデータを作成したり,印刷会社に依頼すると,安心できるのではないでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご注文サイト  

関連記事

ご注文サイト

おすすめ記事

  1. 役所や警察署や消防署などは事故や火事や災害や犯罪などの予防・避難・注意喚起を行う際にポスターを使うこ…
  2. 3Dプリンターというのをご存知ですか?3D、つまり3次元、つまり立体のものを作成できるプリンターです…
  3. 現在では誰もが気軽に小説や漫画を買い、家を気に入った絵や写真で飾ることができますが、大昔、文学や絵画…
  4. 駅や町中、化粧品コーナーなどに貼られている化粧品メーカーのポスターは女性にとってとても魅力的で、つい…
  5. ポスターを上手に描く方法にいくつかのルールがありますが、ここでは「角版」という技法を扱います。 …

話題をチェック!

  1. 2015/6/7

    印刷会社に渡すデータ作成にはCMYKカラーモードの設定が必須

    印刷の際、特に気をつけたほうが良いと思うのは色に関してです。インターネット上では綺麗な色合いで表示さ…
  2. 2015/3/18

    PDFによるデータ入稿の有用性と注意点

    一昔前の印刷現場ではドキュメントを作成したアプリケーションデータそのものを印刷現場でプリントする形が…
  3. 2015/7/26

    パワーポイント(PowerPoint)のアニメーション機能の活用方法

    みなさんも資料のデータ作成やプレゼンテーションの書類としてパワーポイント(PowerPoint)を活…
  4. 2015/7/11

    レンチキュラー印刷によるアートの発展

    残念ながら印刷業界全般は、最近、元気がありません。その原因は幾つか考えられますが、やはり最大のものは…
  5. 2015/4/7

    インテリアとしてのポスターの魅力

    ポスターというと商品やイベントの宣伝として、街中やショッピングセンターなどの壁に貼られているものとい…
ページ上部へ戻る