ポスターを長期保存する方法

趣味で集めた大切なポスターを数十年単位でキレイに保管したい・・そんな時はどのようにしたら良いのでしょか。丸めて保管したらいいのか額に入れればよいのか迷ってしまいます。そこでポスターを長期保存する方法をご紹介しましょう。

ポスターを長期間にわたって保管するときには、丸めた状態よりも伸ばして保管したほうが良いでしょう。なるべく暗い場所で、可能であればスターパネルに入れておきます。保存専用のポスターケースを使っても良いでしょう。表を裏向きにして保管します。また複数枚をひとつのパネルに一緒に入れて保存することも良い方法です。その場合、間にサラシを挟むとより効果的です。サラシは布製でも紙製でもかまいません。

また、ポスターを長期保存するために一番気をつけることは湿気です。換気のよい場所に保管し、時折り出して空気に触れさせましょう。そしてサラシの交換をすると良いようです。上手に保管すれば20年たっても色あせずに、綺麗に保つことができます。

ポスターは紙管などに入れて巻いておくと汚れないので、普通はくるくると丸めて納めておくと、持ち運びにも便利です。しかし、そのように保管しておくと、広げようとしてもなかなか丸まりが取れないので困ることがあります。
ポスターは逆方向に丸めてある程度は平らになりますが、ポスターによってはしわができてしまって見苦しくなります。大抵は必要な時に早くから出しておいて押しをかけておきます。人によってはパネル貼りにもしますが、額のような感じになるので収納に場所をとります。
それを見る人に影響を与え、行動を起こさせることができるかどうか、というのがポスターのポイントです。食べ物ならいかにそれがおいしいものか、健康に良いものか、など商品の良さをアピールできなければならないということです。化粧品であれば、この化粧品を使えばそのモデルさんと同じになるかどうかは別として、あのように美しくなれる、なりたいと思わせるものであることが理想です。競争社会にあってより鮮明に、インパクトの強さや分かりやすさを前に出すポスターが多いようです。
そのような大切な役割のあるポスターですので、紙管で保管するなり他の方法で保管するなり、見栄えの良い保管方法が必要となるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご注文サイト  

関連記事

ご注文サイト

おすすめ記事

  1. ポスターを初めて作ろうとする場合、その費用はどれくらいかかるのか、不安に感じられるかもしれません。今…
  2. 印刷の技術は革新的に進歩しています。昔は活版や写真製版など、版下と呼ばれる物を技術者が手作業で作成し…
  3. 通常は1枚のポスターで表現するものは1つであることが望ましいといえます。なぜなら、複数のものを表示す…
  4. 紙は古紙とバージンパルプを原材料として製造されています。その割合は古紙が6割バージンパルプが4割で、…
  5. 社内印刷の現状についてご紹介させて頂きます。 社内印刷は印刷という名前を付けていますが、実態は…

話題をチェック!

  1. 2015/2/2

    工夫して作成したポスターを多くの人に見てもらうには

    インターネットが普及したおかげで、知りたいことやちょっと気になったことなどいろいろな情報にすぐにアク…
  2. 2015/8/4

    ポスター印刷の用紙選びに困ったら「半光沢紙」をお勧めします

    ポスターを制作するに当たっては,大きく分けて2段階の工程が必要です。それは「デザイン制作」と「印刷」…
  3. 2015/7/21

    電子化が進む中でも印刷された『紙』による情報はなくならない

    電子化が進んだ現代ではインターネットの急速な普及と共に、携帯端末の進歩が進んでいます。当然それに合わ…
  4. 2015/3/31

    効果的なポスターを構成する三つの要素

    ポスターとは、基本的に大勢の人々に向かって何かを訴えかけるためのものだと言えます。しかし、だからとい…
  5. 2015/4/18

    ポスター制作には簡潔でインパクトのある文字や文章が必要

    もしもポスターの内容を広く人に伝えようとするならば、ポスターにどんな文章を書くのか?ということがとて…
ページ上部へ戻る