環境に配慮した印刷用紙-再生紙と森林認証紙

紙は古紙とバージンパルプを原材料として製造されています。その割合は古紙が6割バージンパルプが4割で、これまで環境に配慮した紙と言えば、まず再生紙が挙げられていました。しかし、バージンパルプにも環境配慮への関心が集まってきました。

再生紙とは原材料に古紙が使用されたものを指し、その中でも古紙配合率が70パーセントを超える物には、エコマークを付けることが出来ます。かつて再生紙は、通常の紙よりやや濁った色合いをしていたり、強度が弱いという欠点がありましたが、技術の向上により品質が改善されています。しかし、何度も古紙を再利用して作成された再生紙はどんどん品質が悪くなってしまうので、全てを古紙でまかなうことは出来ません。

バージンパルプの環境への対策として森林認証紙が挙げられます。森林認証紙とは、森林管理協議会、略称FSCが適切な管理をした森林であるか、そしてその管理された森林から生産される木材であるかを厳しく審査・認証を行い、認証された木材を原材料にして製造された紙のことを指します。再生紙に比べ、印刷事故の発生率が低く、断裁する刃にかかる負荷も軽いというメリットもあります。

しかし、この認証制度は一般消費者に対して認知度が低いという問題があります。というのも、企業が利用する印刷物に表示されていることが多いため、一般消費者が目にする機会が少なかったからです。現在は様々な企業やメーカーがFSCマークを付けて発行、販売を行うようになってきました。これからは認知度が高まるにつれて、製品品質にあった印刷用紙を選択していくことが必要になるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご注文サイト  

関連記事

ご注文サイト

おすすめ記事

  1. 最近広告宣伝の手段にはITまで加わってきて、どんどん進化しています。パソコンやタブレットでネットにつ…
  2. 普段私たちが目にしているようなポスターの原点は、1840年代のフランスにあると言われています。その頃…
  3. ポスターを印刷業者に依頼して印刷するとなると、結構な値段がかかるのではないかと思ってしまうかもしれま…
  4. 今は何でもすぐに調べられる時代です。パソコンだけでなく、常に持ち歩くスマートフォンからでも容易にイン…
  5. 紙は古紙とバージンパルプを原材料として製造されています。その割合は古紙が6割バージンパルプが4割で、…

話題をチェック!

  1. 2015/6/22

    印刷会社の利用は企業から個人に移行しつつある

    印刷会社の「お客様」といえば、一般企業や店舗を思い浮かべるのではないでしょうか。印刷会社が作っている…
  2. 2015/1/31

    ポスターが大きな力を発揮するには掲示場所の選定が重要

    私たちにとってポスターというものはたいへん身近な存在であり、密接に関わっているものであるように思いま…
  3. 2015/6/21

    虫眼鏡で見てみよう-コロタイプ印刷の美しい仕上がり

    現在、雑誌やパンフレット、チラシなどのカラー印刷では、多くの場合「オフセット印刷」が使われています。…
  4. 2015/5/4

    人々がポスターに目をやる時間-一瞬で刺激するデザインが必要

    いまやどこを歩いていてもポスター広告が貼り付けられています。ですが、わたしたちがポスターに目をやる時…
  5. 2014/12/8

    ポスターの価値は記憶に残るデザインと短い文章で決まる

    ポスターを制作する方であれば,それを見る多くの方にとって記憶に残るものにしたいと思っておられることで…
ページ上部へ戻る