インターネット広告とポスター広告との共存

最近は、何でもネットで可能な時代になりました。様々な催し物や行事の告知もインターネットネットを用い、Webサイトで行うことができます。しかも、全国どこからでも興味があればアクセスできる利便性もあります。また物やサービスの宣伝もインターネットネット上には溢れています。

しかし、インターネットの広告はメールなどを通して強制的に配信されるものもありますが、基本的にネット広告は自分の意思でそのサイトを訪問しないと見る事ができません。またネットを利用しない方も、まだ多くおられます。

一方で、人通りが多く目に付き易い所にポスターを貼れば、自らの意思で訪問しなくても、自然と広告として目に飛び込んできて、様々な告知や宣伝を伝える事ができます。

そういう意味で、ネットでの告知や宣伝とポスターでのそれとは、共存できるものだと思います。あるいは、上手く組み合わせて相乗効果を得る事もできると言えます。

ポスターは古いと思われる方もおられるでしょうが、まだまだ有効です。さらに、ポスター印刷も技術の進歩とネットの活用で、需要の掘り起こしを図っています。少ない枚数でも、ネットを通じて発注し、短時間で仕上げてもらえるサービスも当り前になっています。

過去に中学校の校区内でのイベントを開催した経験があるのですが、イベントの告知は役員3人ほどのブログとポスター広告で行いました。ポスターは20枚ほど地域のお店などに貼り出してもらっただけですが、イベント参加者の大部分の人は、このポスターでイベントを知ったという事でした。

またポスター作成も、役員の中には20枚程度ならパソコンで可能ではという意見もありましたが、A2サイズ対応の大型プリンターは家庭にはなく、結局ネットでポスター印刷をお願いしました。光沢紙に綺麗に印刷されたポスターは、自作を主張していた方も納得させる出来栄えでした。

このように、ネットでの広告とポスターによる広告は共存できるものであり、互いに補い合うものとして活用していくことができるでしょう。

何かを宣伝したいというときに、インターネットに広告を出して告知する方法があります。しかし、広告媒体としてポスターもとても有効な広告方法といえます。一枚の印刷物に販売商品、集客情報などを載せ、様ざまな人々にその商品、もしくは集客に関する情報を読んでもらうのです。
そのため視界に効果的に入るポスター作りが最も大切といえます。広告したい物や場所など、ポスターに載せるものは様ざまですが、一枚のポスターに収まる情報でなくてはならないのです。
宣伝したいからといって瑣末な情報まで載せていては、本来の目的を達することすら難しいのです。そのためふさわしいカラーやポスターのデザインなどいかに効果的に人々の目に止まり集客効果などの効果があげられるのか考えるのです。
もちろんポスターなどの制作をする会社に頼み、デザインやカラーなど全部決めてもらうのも良いことです。ですがどのようなタイプのポスターが効果的なのか、自分でも納得できるポスターの制作をしたいものです。
効果的なポスターの大きさもあります。制作できるポスターのサイズも様々です。A3サイズのポスターなどでは1m以上離れて内容が読めることが前提ともいえます。サイズに合わせ載せる内容も選び、効果的な内容や必要な内容にしたいものです。
またポスターは少ない枚数では効果が出ないという制作会社もあります。自費で製作しプリンターなどで作る場合もあるでしょうが、少ない枚数での宣伝効果ない場合、思い切ってプロの制作会社にまとまった枚数のポスターを頼むのも一つの選択です。

人々が暮らす生活において、ポスターというのは非常に重要な役割を果たしています。それはどういったことかというと、ポスターによる広告及び告知の役割です。
どこの自治体や団体でもそうですが、土日や祝日には、地域のイベントというのが大小関わらず開催されています。そんなとき、広くそこに住む地域住民に対してそれを広告及び告知をするために用いられるのは、たいていカラー印刷された目立つポスターです。それは、自治体からの連絡掲示板などに貼られていて、道行く人はそれに目を留め、地域のイベントが開催されるということをポスターで知ります。
今の時代は、インターネットがどの世帯にもあるのが普通ですが、だからといって全員がインターネットの広告を目にしているわけではありません。ですので、そういった人たちを含める万人に向けて広告及び告知ができるのが、ポスター最大のメリットなのです。
つまり、これからもポスターによる広告及び告知というものは、そこで暮らす人々にとってとても重要な意味があるのです。

宣伝広告と言えば、テレビCM、ラジオCM、最近で言えば、インターネット広告を思い浮かべる方々が多いのではないでしょうか。ただ、昔からある宣伝広告の手段としてポスターも、活用次第で十分に宣伝広告効果の高い媒体であると考えられます。
ポスターは、一般的に電車や駅、バスなどの公共交通機関、市役所や病院などの公共機関、複合商業施設等に掲示されることが多い媒体です。その他にも学校、公園等に掲示されているケースももちろんあります。つまり、ある程度の人数の人々が行き交う場所に掲示され、通りがかる人々に対して情報を発信し、商品やサービスのイメージやポスターに掲載された標語を覚えてもらいます。
このポスターを掲示して宣伝広告する場合の一番のポイントはポスターを掲示する場所で、どのような人々をターゲットとして何を伝えるかです。つまり、ポスターを見る人々の行動パターン、ニーズ、生活感などを総合的に分施し、ターゲットをプロファイリングした上で、打ち出すメッセージを決定する必要があります。
例えば、サラリーマン向けの商品等を告知したい場合に、学校や市役所に掲示したとしても大きな効果を得ることは難しいと考えられます。逆に、電車の中や駅の構内に掲示して、朝・夜の通勤時に何度も目にしてもらうことに成功すれば、商品名や商品イメージ、商品の特性等を知ってもらうチャンスになるとともに、将来的にその商品を購買してくれるかもしれない見込み客となりうるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご注文サイト  

関連記事

ご注文サイト

おすすめ記事

  1. ポスター印刷を頼んでみようかとお考えの方も多いと思います。 では業者に頼んだ場合、料金はいくら…
  2. 普段私たちが目にしているようなポスターの原点は、1840年代のフランスにあると言われています。その頃…
  3. 最近広告宣伝の手段にはITまで加わってきて、どんどん進化しています。パソコンやタブレットでネットにつ…
  4. みなさんはプレゼンテーション資料を印刷する際にどのような用紙を用いているでしょうか? 日常的に…
  5. この頃印刷物を開いても石油のニオイがしないものが増えて来ました。その様な印刷物にはあるマークや文字が…

話題をチェック!

  1. 2015/1/31

    ポスターが大きな力を発揮するには掲示場所の選定が重要

    私たちにとってポスターというものはたいへん身近な存在であり、密接に関わっているものであるように思いま…
  2. 2015/5/4

    人々がポスターに目をやる時間-一瞬で刺激するデザインが必要

    いまやどこを歩いていてもポスター広告が貼り付けられています。ですが、わたしたちがポスターに目をやる時…
  3. 2015/5/27

    展示シーンに合ったポスター印刷の選択方法

    ポスターには様々な効果がありますが、ポスターを製作する上で狙い通りの効果を得るためには、その用途に合…
  4. 2014/12/12

    Illustratorでポスター印刷を外注する場合の注意点

    みなさんはポスターを製作しようとする場合,どのようなソフトを使いますか?初めての方であれば最も馴染み…
  5. 2015/7/1

    ポスター制作に欠かせない上手な余白の用い方

    ポスターを作成する上でポイントとなることの一つに「余白」の利用があります。限られた紙面いっぱいにあれ…
 
ページ上部へ戻る